« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年10月の2件の投稿

2009年10月10日 (土)

米国・欧州出張前半戦

世界一周出張も、無事終了。今は、ロンドンからパリへのユーロスターの中で、明日からいよいよ念願のパリでの休暇10日間の旅。ところが、せっかく家内と優にビジネスクラスを予約してあげたのに、どういうわけか、エコノミークラスになってしまっているらしく、子連れ1人で13時間の夜行便、とっても心配です。

4日(日)

時差ぼけ解消のための一日だったので、もともとはボストンの街を散歩して、ホテルのジムで汗を流して、ゆっくり読書という予定だったのですが、当日のレッドソックスのチケット(しかも内野のいい席)が公式ホームページで売れ残っているのを発見。急遽予定を変更して、久しぶりのボストンを散歩した後、レッドソックス=インディアンス戦を見るために、フェンウェイパークへ。松坂ファンのお義父さんのためにお土産を購入、喜んでもらえるかな。フェンウェイパークでレッドソックス戦を見るのは、早くも5回目!!恒例のホットドッグを食べて、いよいよ入場。90ドルにして、かなりいい席でした。インディアンスは大家投手が先発。先頭打者本塁打を初めて、かなりの乱打戦で、生まれて初めて満塁本塁打も見ました。7回まで観戦して、スタジアムを後にして、Prudential Centre近くのシーフードレストランへ。ここのシーフードプラッターが超美味しくて、思わず牡蠣だけ「おかわり」。そういえば、マニラの反省がない…。ホテル近所のBOARDERSで、優の絵本を2冊買って、ホテルへ。残っていた仕事を少しだけやって、明日に備えて早めに就寝。そういえば、水曜夜にロンドンへ行くから、早寝早起きをして、時差ボケ予防しておいた方がいいと気づく。

5日(月)

久しぶりのボストン本社。割り当てのオフィスへ行くと、隣で東京の同僚がプレゼンをやっていた。なんかラッキー!!前回来た2年(以上)前と比べると、ずいぶん面子が変わっていて、少し寂しい。2件のプレゼンを終えて、ランチは、東京の同僚、元上司、僕の前々任者と4人でサラダファーストフードへ。そこも、うちの会社(アメリカ本社)が持っているらしい。新聞、タクシー、不動産…、色々持っているよねぇ。儲かってるのかな?

午後も、数件のプレゼンと、電話やメールしかしたことなかった同僚に挨拶したり、懐かしい同期とお喋りしたり、結構有意義な時間を。夜は、東京の同僚と一緒に、またシーフードレストランへ。座ったカウンターの席は、松坂の通訳さんの低位置らしい。きっとスゴイ人なんだろうなぁ。

6日(火)

6年間も同じ会社で働いていると、知り合いも増えて、色々な人と議論をして、色々なことを教えてもらえる。知らないことを知っているからという理由も大きいだろうけれども、ボストンの人はすごく賢い。とっても刺激を受けられるので楽しい。「帰ったら、これを勉強しよう」ということが、沢山できた。たまには、地球の裏側に来るのもいいらしい。

7日(水)

ボストン最終日。ホテルの部屋のセーフティーボックスからパスポートを出そうとしたら、何故だか「ERROR」…。過去にホテルのセーフティーボックスにパスポートを置き去りにして、警備員にセーフティーボックスを破壊して、さらにリムジンで空港までパスポートを持ってきてもらった前科があると僕としては、焦る。早速、フロントへ電話して警備員に来てもらう。意外とあっさりと開けてもらって、ホッ。

この日は忙しかったので、昼食はダンキンドーナッツ。こりゃ太るな。

最後のミーティングが午後2時半に終わり、ホテルのプールで軽く泳いでシャワーを浴びて、Tシャツ・ジーンズの夜行便服装に着替えて空港へ。

ロンドンまで6時間のフライトなのに、時差は-6時間。6時間が飛行機の中で消えてしまうらしい…。ブリティッシュエアは、覚悟していたよりは寝やすい座席になっていて、3時間半は眠れました。よかった・・・

| | コメント (0)

2009年10月 4日 (日)

世界最長距離フライト(ほぼ20時間!!)で、ニューヨークに到着

うちの会社のアナリストには、「1年間に1度(か、それ以上)はボストンとロンドンに行って上司にご報告しなればなりません」というルールがあります。

ここ2,3年間ほど、転勤を言い訳に逃れてきました。本当は、6月にNYとボストンへ来る予定だったのですが、ちょうど新型インフル発生のため、急遽キャンセル。でも、夏に、上司に「年末までには行ってね」と、ソフトに、でもストレートに言われてしまったので、寒くなる前のギリギリの今の時期に決定。

この不況でシンガポール航空が気前良く「世界どこでもアップグレード券」なるものをくれたので、せっかくなので、それを使って家内と優と一緒にパリで休暇をとることにしました。

やはり休暇をとるのは、出張の後にしたいので、時差ボケがキツイ「シンガポール→(NY経由)ボストン→ロンドン→(パリ休暇)→シンガポール」というルートにしました。

ところが、この”シンガポール→ニューヨーク(ニューアーク)”のSQ22は、19時間10分という世界最長直行便(で、たしかオールビジネスクラス)。せっかくの機会なので、紙袋に入り切らないほどの(読み残してきた)レポートと本を手に、飛行機に乗りました。

そして、以前妹に「時差ぼけ予防には断食がよい」という情報を教えてもらったので、(さすがに断食はしなかったけど)果物と水中心の食事で20時間近くを過ごしました。

そして、今ようやくニューアーク空港。ボストンの空港に着くのが夜11時。ホテルに着く頃には、日付が変わっているでしょう…。土曜出発にしておいて、本当によかった。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »