« いよいよ分娩へ | トップページ | 帰ってきました »

2008年3月11日 (火)

元気な男の子、優くん無事誕生!!

仕事がなかなか一段落せず、日曜の午前3時まで香港のオフィスで仕事をして、眠い思いしながらうちへ帰って、2時間寝たあと、香港国際空港から、いつもの!?ドラゴンエアで、福岡まで一っとび。

家内から、「もうすぐ生まれそう」と聞いていたので、本当に珍しく機内でも寝付けず、文庫本を2冊読み終える。長崎行きの高速バス「九州号」に乗ったら、何故だか眠くなり、1時間ほど熟睡。

夕方4時くらいに長崎駅へ到着。迎えに来てくれた家内のお腹は、2週間前よりも一層大きくなっていた気がした。その後、お義母さんが作ってくださったゼンザイをお代わりまでしてご馳走になって、家内と二人で近くのショッピングモールへ。これが二人の出産前最後のデートになるとは思わず、「また今度、二人でベビー服を見に来よう」といいながら、何も買わずに、おうちへ戻る。

いつも通り、豪華な夕飯をご馳走になった後、僕と家内は11時に就寝。ところが、夜中の1時45分頃、家内がゴソゴソと起き出した。「トイレかな?」と思ったら、「破水したかも」と家内。こういう時の家内は、本当に驚くべきほど冷静沈着。一人で携帯電話で、かかりつけの産婦人科へ連絡。僕は、ソワソワと出かけられる格好に着替えて、オドオドとやることが分からず、ただ戸惑うばかり。

「破水って、ヤバイのかな?」こんな基本的なことも勉強していなかったことに、後悔。

とりあえず、家内の指示のままに、家内が既に完璧に荷造りしていた、「出産&子育てバッグ」と、僕が慌ててカバンに詰め込んだ「出産対応パパバッグ(非完全版)」を持って、産婦人科へ。

1階で寝ている家内の両親に、事情を伝える家内も至って冷静。後になってお義母さんが、「なんか大丈夫な気がした」と仰っている様に、妙に度胸が据わっている家内。産婦人科へは、通常歩いて5分強。お義父さんが、車で送って下さると仰って下さったのに、家内の希望で歩いていくことに。冬の夜、寒空の中、大きな荷物を持った僕と、5分おきに陣痛が襲う家内。二人で手を繋ぎながら、家内が妙に冷静なので、僕も少しリラックスしながら、産婦人科へ到着。途中で2回の陣痛。お医者さんに向かう道で、二人で話していたのは、いかにタイミングいいかという話。僕が帰ってきて、数時間寝て元気を充電してから、陣痛が始まるのは、きっと赤ちゃんが色々考えてくれていたんだろうね、と二人で感動していました。

午前2時すぎに産婦人科へ到着後、早速LDR(Labor & Delivery Room?分娩・出産室)という部屋へ通される。そこは、10畳くらいの広い部屋で、ベッドとソファが一つずつ。助産師さんに、様子を見ていただき、破水を確認、母子両方の心拍数を図る為に、家内はベッドに横になる。その時には、既に陣痛の間隔は4分おきに。

心拍数の測定は、1時間近く続いた。その間に、お義母さんと義妹さんが様子を見にいらっしゃった。やっぱり家族が来てくれると心強いらしい。僕は、家内の腰をさすってあげる役割。ただ、強すぎたり、位置が違ったり、なかなか要領を得ない。

「出産はお昼前くらいかなぁ」と助産師さんが仰るので、長丁場を覚悟して、お義母さんと義妹さんにはおうちへ一旦戻ってもらい、僕はソファで横になる。その間も、家内の陣痛の間隔と長さを計る。4時45分頃から、その間隔が3分に一度に縮まってくる。40秒程度だった陣痛の長さも1分半に。慌ててナースコール。助産師さんによると、もう結構進んできたとの事。

ベッドの構造も、分娩仕様に変身して、5時20分頃から、いよいよ分娩開始。とっても大変そうだったけれども、5時52分、無事元気な男の子が誕生しました。生まれてきた時の、初めて泣き声の聞いた時の感動は、これからこの子を育てていく中で一生忘れないと思います。

初めてこの世に出てきた「優(すぐる)くん」は、家内の胸に抱かれた後、ナースセンターで体重・身長・頭囲・胸囲・体重などを計って頂き、身体の異常がないかを確認して頂きました。その間に、初めて両目を開いて、ナースセンターの新生児室を外から見ていたお義母さん、義妹さん、僕の3人で、写真を撮ったり、初めて両目を開いた赤ちゃんを見て、僕か家内どちらに似ているかを話したり、もう大興奮でした。

その後、少しの間、僕も、まだ生まれて間もない赤ちゃんを、抱っこすることができました。その身体の小さくて、軽いこと。初めて新生児を抱っこして、「この子が大きくなっていくんだ」と思うと、嬉しくて堪りませんでした。

名前は、前々から決めていた「優(すぐる)」と名づける予定です。

周りの誰にでも優しく温かく接することができる男に育って欲しいという思い、そして優秀で自分を律することを知る男になって欲しいという思いを、二人で込めました。この名前に、かなり前の秋頃には二人で決めていました。これからは、名前負けしない、元気いっぱいの子に育つように、精一杯育てて生きたいと思います。

新米パパ、デビューです。

|

« いよいよ分娩へ | トップページ | 帰ってきました »

コメント

お久しぶりです!!
ご出産おめでとうございます!!!!!
すぐる君なんて素敵な名前ですねlovely
またお会いできたら嬉しいです。

投稿: かさはらはるか | 2008年3月11日 (火) 18時11分

出産おめでとう!!
子育てに新しい仕事にと大変だけど、がんばってください!

投稿: Carpe Diem | 2008年3月11日 (火) 22時35分

ご出産おめでとうございます!!
パパデビュー頑張ってくださいhappy01

投稿: | 2008年3月11日 (火) 23時19分

お父さん。
おめでとうございます。

3月9日生まれ、まさに「ありがとう、優くん」。

心から嬉しいです。嬉し涙が出ました、、

投稿: すーだらたいしょう | 2008年3月12日 (水) 07時45分

おめでとう。
いい名前だね。

投稿: こまっちん | 2008年3月12日 (水) 17時16分

>かさはらさん、
どうもありがとう!!お久しぶりだね。今度会うときは、きっと水泳の話ではなくて、ひたすら子供自慢をする親ばかになっていると思います 笑

>Carpe Diemさん、
ありがとうございます!!期待以上にかわいくて、仕事する気が起こりません…が、来週月曜から水曜まで東京で働くことにしたので、よろしくお願いします。

>すーだらたいしょう、
ありがとう。実は3月10日生まれ。砂糖の日です。僕に似て甘いもの好きになるか、家内に似て酒豪になるか!?楽しみです。

>こまっちん、
いい名前でしょ。中高の同級生で、「傑(すぐる)」という文武ともに秀でた、かっこいい性格もいい奴がいたので、そんなことも影響したかもしれません。

投稿: おがわたけし | 2008年3月15日 (土) 09時17分

おめでとう!がんばってください。また東京オフィスに来たときに話しましょう!

投稿: ポール | 2008年3月15日 (土) 17時22分

うわぁー。おめでとー。
すっげー。パパだなぁ。

投稿: deva | 2008年3月17日 (月) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ分娩へ | トップページ | 帰ってきました »