« モチベーション | トップページ | 郷に入っては »

2008年3月26日 (水)

ふるさと

"which part of Japan, are you from?"
意外と聞かれる質問です。「日本のどこ出身ですか?」

ニセコが今年の旧正月休みの行き先として一番人気だった僕の周辺には、「日本に詳しい人」「日本好き(not 日本人好き)」が多いです。

さて、ふるさとの話。僕は、ご存知の人も多いと思いますが、多摩ニュータウンで20年間育ちました。僕の故郷は、確実に多摩。でも、家内と結婚してから、胸を張って「第二の故郷が出来た」と言えます。

長崎

家内と付き合う直前。当時は、仲良しの友達だった家内から、しきりに「長崎は、いい街」だと聞かされていた僕は、佐世保へ出張したついでに、長崎で週末を過ごすことにしました。残暑の厳しい9月。例によって「今日も長崎は雨」でしたが、オランダ坂、グラバー園、めがね橋、浦上天主堂など、一人で見所を巡り居酒屋で美味しい魚介類を食べました。

その後、家内と結婚することが決まって、ご挨拶に長崎へ行くのは、それから数年後のこと。今度は、8月のお盆でした。お義父さん、お義母さん、そして家内にそっくりの義妹さんに、大歓迎してもらい(かなり緊張していたけど)楽しく美味しい思い出です。

あれから2年足らず。その間に、何回も長崎へ遊びに行き、沢山お世話になりました。
おかげで、もう地図を見なくても市内を歩けるようになり、地名も沢山覚えました。

人口40万人以上の都市ですが、どこかノンビリとしていて(家内は「長崎時間」と遅刻の理由に、よく使っていました」、人もとても優しく、魚介類がとても新鮮で、味付けは僕好みの甘辛、中華料理は香港よりも美味しく、何よりお祭りに全力を注ぐ本当に素敵な街です。

いつもいつもワガママばかりの婿である僕を、嫌な顔せずに暖かく迎えてくれる家内の実家の皆さんと、長崎に感謝です。

また4月に行きます!!

|

« モチベーション | トップページ | 郷に入っては »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モチベーション | トップページ | 郷に入っては »