« ストックホルムより | トップページ | 未来について »

2006年9月25日 (月)

笑わないロシア美女

「警察官に、賄賂を要求される」とか、散々脅かし文句の書かれた地球の歩き方を読んで、すっかり身構えていながら土曜夕方にモスクワへ到着。

空港は、やっぱりすごく古いし、汚い。そして、予定通り(それ以上に!?)入国審査はノンビリ。っていうか、何を調べているのだろうと思うくらい、一人当たりにかける時間が長い。(僕の場合は、Visaを入念に調べていました)

途中で、入管職員の人が、前に次々と偉そうな人を入れてきて、どんどん僕の順番は後ろになってしまったりで、結局1時間半ほど並んで(最初は前にいる人が10人しかいなかったのに)、ようやく入国審査パス。僕は、その飛行機では一番前だったから、その後の人はもっと大変だったはず。

荷物を受け取り、税関を過ぎて、そう予想通り白タク運転手さんがお待ちかね。でも、ちゃんと仕事なのでホテルのリムジンの運転手さんが待ってくれていました。よかったよかった。

運転手さんが車をとりに行っている間、タクシー乗り場で待っていると、やっぱりロシア人は笑わないし、むしろ表情を顔に表さないなぁと、つくづく感じました。顔が整っているだけに、それがむしろ怖い。

そして、40分くらいかけて、クレムリンすぐそばのArarat Park Hyatt Moscowへ。途中、IKEAがあったり、超大きくキレイなショッピングモールがあったり、巨大な高級マンションがあったり。さすが、旧(現!?)超大国の首都だと思いました。そして、来る前まで思っていた「ロシア=5年前の中国」説は、勘違いだと思いました。もうモスクワは中国の都会並みだなぁ。これも、資源価格効果。

ホテルは、本当に良いホテルで、さすがはモスクワ一のホテルだけあると感じました。働いている人も、みんな超美男美女。全員シャラポア説は、本当でした。

さてさて、日曜は、いよいよ市内観光。クレムリン周辺を歩いてきました。

|

« ストックホルムより | トップページ | 未来について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137640/12031634

この記事へのトラックバック一覧です: 笑わないロシア美女:

« ストックホルムより | トップページ | 未来について »